株式会社サンシン

English

テープ研磨

■ テープ研磨の利用技術

弊社では、「高精度」「環境」をコンセプトとして、各種のラッピングフィルム研磨装置を開発し、日本国内、世界にも提供してきました。ラッピングフィルムも装置と一体になって、初めて威力を発揮し、その良さ・使い勝手が理解され、世の中に広がっていくだけに、装置メーカーの責任は重いものとして考えております。

それぞれの業界のテーマの追求は、微小研磨および粗さ追及がポイントになると考えられますし、その解決手段として、ラッピングフィルム加工法は非常に優れた工法です。

■ テープ研磨(ラッピングフィルム)による研磨加工例

現在までに開発されたラッピングフィルム式研磨装置を、自動車部品でまとめると、
以下の表のようになります。

分類 部品名 仕上げ部位
エンジン本体 クランクシャフト ジャーナル、ピン、オイルシール面のラップ
カムシャフト カム面、ジャーナルのラップ
バランサーシャフト ジャーナルのラップ
ピストンリング 外径、端面のラップ
バルブリフタ 端面(カムが当たる面)のラップ
ダンパープーリ オイルシール当たり面のラップ
ターボチャージャー シャフト 軸受部外径のラップ
燃料制御
(直噴、ディーゼル含む)
インジェクタ部品 ニードルバルブ(外径)
ポンププランジャ 外径ラップ
レギュレータバルブ 端面ラップ
ポンプ用ブッシュ 端面、外径ラップ
ポンプ用タペット 外径ラップ
AT、ミッション、駆動系 インプット、インタミ、アウトプットシャフト AT用シャフトの軸受部のラップ
遊星ギヤリング 端面ラップ
クラッチのインナーリング 外径ラップ
CVTプーリ 外径ラップ
オイルポンプカバー カバーサブAss’y ボス外径のラップ
内径ラップ
ステアリング、足回り パワステ用ポンプハウジング
ステアリングシャフト
端面バリ取り
軸外径、ナット内径、ボールネジ溝のラップ
エアコン プレート 外周のバリ、ダコン除去、R研磨
ベーンポンプロータシャフト ジャーナル部ラップ、ミゾバリ取り
ブッシュ 内径ラップ、R面取り
シャフト ジャーナル、偏心ピン外径ラップ
モータ類 DCモータ コンミ、シャフトのミガキ
シャフト端R研磨