株式会社サンシン

English

バフ研磨、ベルト研磨にも対応

■研磨(けんま・研摩)とは

研磨とは、表面部分の仕上のために行われる作業のこと。基本的に固体の表面をより高度の高い固体を使用して、断続的にこする事によって表面部分を微妙に削られ、あるいは研ぎ磨かれて平滑にしてゆく作業に用いられる。

表面処理研磨は大きく以下のように分けられている。

  • バフ研磨
    布製またはその他の材料で作られた研磨輪(バフ)の周囲(表面)に種々の研磨剤などを付けて回転させて素材を研磨する方法
  • ベルト研磨
    ベルト研磨は高速回転するベルトに加工物を押し当てた摩擦で研磨する手法
  • テープ研磨
    研磨テープを工作物に押し当てて仕上げ研磨を行う方法。ポリエステルフィルムの厚さが薄く、均一に砥粒が分散しているので、砥粒切れ刃高さのバラツキが小さく、良好な仕上げ面が得られる。
  • ラッピング/ポリッシング
    電子部品の最終仕上げに用いられることが多い。遊離砥粒を用いた加工方法。

■バフ研磨 など他の研磨法とテープ研磨の違い

テープ研磨は、テープ研磨のメリットにもあるようなことが大きな特徴となります。
では、他のバフ研磨やその他の研磨法と比較して、何が違うのか?

  1. バフ研磨、ベルト研磨では、粉塵が出るため、クリーンな環境での使用に向いていない。
    ⇒テープ研磨・ラップ加工は、研磨性に優れ、面精度が高く、安定している。
      また、粉塵が出にくいため環境に優れている。
  2. バフ研磨、ベルト研磨は手加工となり、職人・熟練工対応が強い。
    また、装置に於いては面精度の安定性が低い。
    ⇒テープ研磨は自動化による作業が出来るため、効率化と面精度が安定。
  3. バフ研磨とベルト研磨の加工能率について以下の図の通りとなります。