株式会社サンシン

English

軸(内径、外径)研磨装置

シャフトジャーナル研磨装置

シャフトジャーナル研磨装置の【写真】

■装置概要

本装置は、シャフトの軸受け部(外径)をラッピングテープにて研磨した後
他の加工部バリをブラシにて除去し、シャフト研磨部のクーラント液ダレをエアーブローにて吹き飛ばします。
ワークの供給・排出は、ガントリーローダにて行いますがオプションとしております。

■特長

1) 1台の装置に、バリ取機構を設けましたので装置のトータルコストが安くなりました。
2) ワーク種類の対応は、タッチパネルのレシピで選択可能です。
3) 御社の必要とする面粗度は、ラッピングテープの選択により満足頂ける数値を提供させて頂きます。(前加工の粗さを御相談させて下さい)
4) 外径テープラップユニットの供給も可能です。(ユニット販売)

viewimg-9

■用途

・自動車部品シャフトジャーナル研磨
・印刷ロール・ドラム
・建機・農機のシャフト他

■標準仕様

テープ仕様 テープ幅:34㎜(オプションにて御社ワーク用に変更可)
コア内径:3インチ
巻方向:内巻き
巻径:最大φ150㎜(リール)
ワークスピンドル ・ワーク支持方式=両センター
・駆動方法=サーボモータ
制御 ・機器=シーケンサ
・操作盤=カラータッチパネル
電源 200V 3相
エアー ドライエア=0.4MPa
装置寸法 1480W * 1100D * 1500H (mm) 装置本体
装置重量 約900kg

内・外径ラップ装置

内・外径ラップ装置の【写真】

■装置概要

本装置は、カラー内径及びミゾ有りボス外径等をラッピングテープで研磨仕上げする装置です。
ワークの着脱は、作業者の方が行い、扉の開閉、ワークのチャック/アンチャック及び加工を自動で行う半自動機です。

■特長

1) コンタクト部(テープで研磨する部分)は、弊社独自の開発で(特許)テープの引き回しが簡単です。
2) 装置の巾を極力小さく致しましたので、数台持ち回りの工程に最適です。又縦型の為、床面積も少なくて済みます。
3) 研削工程を省いて、テープラップの実績もあります。

MFIL-12_3

■用途

・カラー内径
・ハウジング内径
・ダンパープーリーボス外径
・その他自動車部品の端面にも使用可能

■標準仕様

テープ仕様 テープ幅:15㎜(オプションにて御社ワーク用に変更可)
コア内径:3インチ
巻方向:内巻き
巻径:最大φ150mm(リール)
テープヘッド駆動部 ・駆動軸=2軸(上下・前後)
・駆動方法=サーボモータ、ボールネジ
スピンドル及びチャック ・エア3爪チャック(オプションにてコレットチャック可能)
制御 ・機器=シーケンサ
・操作盤=カラータッチパネル
電源 200V 3相
エアー ドライエア=0.4MPa
装置寸法 1625W * 3260D * 2000H (mm) クーラントタンク含む全体
装置重量 約900kg