株式会社サンシン

English

会社概要・沿革

■ 会社概要

社名 株式会社 サンシン
代表者 代表取締役 細貝 晃司
所在地 新潟県長岡市平島1丁目11番地
TEL:0258-22-1529
FAX:0258-23-2164
設立年月日 昭和62年11月
資本金 7,530万円
工場敷地 敷地/2,344m2
建物/1,277m2
主力取引銀行 北越銀行 宮内支店
従業員 20名
決算期 4月
業種 テープ研磨装置の製造・販売
フィルム/テープの販売
特許出願 90件内 30件登録

全景写真

■本社社屋

■簡易MAP

⇒GoogleMapはこちらをご覧下さい

■ 沿革

1957年(昭和32年)10月 株式会社三信特機製作所創設。
1975年(昭和50年)2月 営業及び設計・電装を切離し、株式会社三信商工を設立、販売強化を図る。
1986年(昭和61年)11月 フロッピーディスク及びハードディスク両面ラッピング機の開発で
“新潟県技術賞”を受賞する。
1987年(昭和62年)11月 株式会社三信特機製作所・株式会社三信商工を合併し、社名を株式会社サンシンとする。
1989年(平成元年)6月 シャフトのピン・ジャーナル部の超仕上装置の製作を始める。
1990年(平成2年)5月 球面レンズテープラップ装置の製作を始める。
1990年(平成2年)11月 カラー液晶板向けテープラップ装置の製作を始める。
1994年(平成6年)8月 光ファイバー端面テープラップ装置の製作を始める。
1995年(平成7年)9月 テープ式PDP研磨装置の製作を始める。
1997年(平成9年)3月 DVD張り合せ装置を開発、納入を始める。
1997年(平成9年)10月 中小企業創造法の認定を受ける。
1997年(平成9年)12月 テープ式内径超仕上装置の開発・納入を始める。
1998年(平成10年)3月 新潟県新産業創造事業投資認定企業となる。
2000年(平成12年)3月 精密フィルムの研磨剤と研磨装置の研究開発で”新潟県技能賞受賞”。
2004年(平成16年)3月 自動車関連に特化した装置作り開始。
2005年(平成17年)6月 クランクシャフトラッピング機の製造販売。
2008年(平成20年) 12月  新社屋完成。
2009年(平成21年) 10月 「2009元気なモノ作り中小企業300社」に選出される。
2010年(平成22年) 7月  平成22年度長岡市フロンティア事業採択される。
2011年(平成23年) 9月 SFM、スーパーフィッシャーミニの外径ラップユニットの開発販売
2012年(平成24年) 9月 長岡市フロンティアチャレンジに平面研磨装置FTL-5Dが採択される。
2013年(平成25年)3月 センターレス研磨機(CLP-300)を開発。
2013年(平成25年) 3月 テープ式平面ラップ機(TCM-150SD)を開発。
 2013年(平成25年)3月 内外径仕上機(MFIL-V)を開発。
2013年(平成25年)12月 カムラップ機の開発販売
2014年(平成26年)11月 ボールネジ軸、ナット溝ラップ機の開発販売
2015年(平成27年)2月 新連携の認定を受ける。
2015年(平成27年)12月 降雪対応式太陽光パネルの設置を完了し、発電を開始
2016年(平成28年)1月 第33回優秀経営者顕彰式にて「日刊工業新聞社賞」を受賞
2016年(平成28年)4月 NAZE「豪技2016」にボールねじテープ研磨装置が認定される
2016年(平成28年)11月 精密工学会北陸信越支部の「技術賞」を受賞

■ 主要納入先

自動車関連企業 電子関連企業
アイシン・エィ・ダブリュ工業(株)
アイシン精機(株)
(株)五十嵐電機製作所
エヌティーテクノ(株)
京三電機(株)
(株)小松精機工作所
スズキ(株)
ダイハツ工業(株)
(株)デンソー
(株)豊田自動織機
日産自動車(株)
野口精機(株)
日立オートモティブシステムズステアリング(株)
(株)フコク
富士重工業(株)
Magna Powertrain Inc.
マブチモーター(株)
(株)ミツバ
武蔵精密工業(株)
三菱重工業(株)
(株)リケン
ヤマハ発動機(株)
アルプス電気(株)
NECトーキン(株)
キャノン(株)
京セラ(株)
(株)ソニーDADCジャパン
大日本印刷(株)
TDK(株)
東京エレクトロン宮城(株)
日本電気硝子(株)
日本電子材料(株)
(株)日本マイクロニクス
パナソニック(株)
リコーインダストリー(株)
ユニパルス(株)
(アイウエオ順・敬称略)

■ 組織説明

組織図